アパートを経営する側から考えてみます

アパートを借りる際の注意点

アパートを借りる側ではなく、貸す側、大家側から考えてみましょう。
最近の賃貸経営はりっぱなビジネスとして確立されています。

 

そのビジネスで一番重要なことはリスク、冒険を避けることです。
それはズバリ空室対策です。

 

アパートを建築して金融機関からの借り入れがあり、毎月の返済があるのなら空室は何も生み出さないマイナスの資産になってしまいます。
ではなぜ空室が出てしまうのかというと、理由はさまざまです。

 

例えば、新築または中古の住宅を別に購入した、とか別の魅力的な物件を見つけた、さらには勤務先の転勤が決まり引っ越しをすることになったなどです。
もっと重要なことが全日本レベルのアパートの建築ラッシュと人口に歯止めがかかってきたことです。

 

消費税増税前の駆け込み需要は言うまでもありませんが、加えて銀行の金利が下がったことによりどんどん融資して建築に拍車をかけているのです。
日本は今、経験したことのない超高齢化に突き進んでいます。

 

それにともなって少子化も加わり、人口の頭打ちになることがほぼ予測されているので、入居者の絶対数も減ってくるのは目に見えています。
これからの大家は昔の形と違って、自分の物件をよく理解して、どんな人に借りてもらいたいかを考えた上で賃貸経営をしていったほうがいいでしょう。

 

アパートを借りる側ではなく、貸す側、大家側から考えてみましょう。
最近の賃貸経営はりっぱなビジネスとして確立されています。

 

そのビジネスで一番重要なことはリスク、冒険を避けることです。
それはズバリ空室対策です。

 

アパートを建築して金融機関からの借り入れがあり、毎月の返済があるのなら空室は何も生み出さないマイナスの資産になってしまいます。
ではなぜ空室が出てしまうのかというと、理由はさまざまです。

 

例えば、新築または中古の住宅を別に購入した、とか別の魅力的な物件を見つけた、さらには勤務先の転勤が決まり引っ越しをすることになったなどです。
もっと重要なことが全日本レベルのアパートの建築ラッシュと人口に歯止めがかかってきたことです。

 

消費税増税前の駆け込み需要は言うまでもありませんが、加えて銀行の金利が下がったことによりどんどん融資して建築に拍車をかけているのです。
日本は今、経験したことのない超高齢化に突き進んでいます。

 

それにともなって少子化も加わり、人口の頭打ちになることがほぼ予測されているので、入居者の絶対数も減ってくるのは目に見えています。
これからの大家は昔の形と違って、自分の物件をよく理解して、どんな人に借りてもらいたいかを考えた上で賃貸経営をしていったほうがいいでしょう。

アパート探しは古い物件を選びましょう

これからのアパート探しはあえて古い物件を選びましょう。
そのほうが自分の住みやすい部屋へ手直しできるからです。

 

以前ならなるべく新築で部屋も大きく広い物件が人気でした。
確かに現在でも需要はありますが、一方で古い物件がじょじょに人気がでているも事実です。

 

もちろん交渉が大事ですが古い物件はたいてい空室になってから長いはずです。
住宅管理会社と大家も悩みの種になっていて大幅な設備投資をしてリノベーションしなければいけませんが、そうすると家賃から元を取らないといけないので、高い家賃にせざるをえません。

 

そこをあえて交渉してつくのです。
家賃の交渉ではなく内装を自分でカスタマイズする許可を得る代わりに入居するという約束を取り付けるのです。

 

なにも大げさなものではなく、自分自身が落ち着ける金額のかからない程度のものを考えるのです。
最近では壁紙を張り替えるキットが売り出されていて、素人でも簡単にマイセルフでカスタマイズできるのです。

 

自分が過ごす部屋ですから、住みやすくすれば古い物件でも楽しい初期投資と考えていいでしょう。
デザインに自信がないならパソコンを使っていろいろ考えてみるといいでしょう。

 

交渉することで古い物件が生まれ変わること間違いなしです。

 

 

 

更新履歴